MENU

亀頭包皮炎の自然療法

 

亀頭包皮炎の治療は、抗生物質を含む軟膏やクリーム、もしくは抗真菌タイプの軟膏やクリームを用いて行いますが、薬を試してみてもなかなか改善が見られないという場合もあります。

 

このような場合は、薬ではなく自然療法という形で改善のアプローチをするという方法もあります。

 

薬を試しても改善しないということは、体の内部に何かしら原因がある可能性がありますから、自然療法が効果的に作用する場合があります。

 

そこで、亀頭包皮炎の自然療法としては、まず善玉菌のバランスの改善が重要になってきます。

 

人によっては、抗生物質の投与などにより、善玉菌のバランスが崩れてしまっていることがあります。

 

ですから、ヨーグルトを毎日摂取するようにし、乳酸菌を増加させるという方法があります。

 

次に、衛生面をより強化するということが挙げられます。1日に2回は中性洗剤を使用して、幹部をきれいにするとよいでしょう。

 

また、幹部が湿っていると菌が繁殖しやすくなりますから、乾燥を保つためにベビーパウダーを使用するの一つの方法です。

 

次に、飲酒量を少なくするということも大事になってきます。男性の中には飲酒をした翌日に症状が悪化したというケースもありますから、飲酒を控えるようにした方がよいでしょう。

 

 

もしかしてそれ「亀頭包皮炎」かも!注意したいこととは


性器に異常が現われた時は性病を疑ってしまいます。

 

症状をそのまま放置していると性病の場合悪化し、一度感染したら完治しないような病気であれば取り返しのつかない事にもなりかねません。

 

早い段階で治療すればすぐに治るような病気でも放置しているとなかなか完治しなくなるうえ、不妊症の原因になったりします。

 

そのため、少しでも性器に異常が現われた場合は注意が必要です。

 

性病と言われていますが、免疫力の低下などでも発症する事がある亀頭包皮炎も完治しやすい病気ですが早期発見・早期治療が大切となります。

 

症状は性器にかゆみや痛み、赤み、白い垢のようなカスが付着するようになります。亀頭包皮炎は発症してからすぐに治療をすればすぐに完治する病気です。

 

しかし、ここで注意したいのが包茎の方は再発を繰り返してしまう可能性があるという事です。

 

包茎の場合亀頭部分と包皮部分の間に垢や尿が溜まりやすく雑菌が繁殖しやすい環境となります。

 

さらに細菌が好む湿気の多い環境となるので亀頭包皮炎が再発しやすくなっています。

 

あまりにも再発をくりかえすようなら手術をする事も視野に入れなければいけません。

 

包茎でない人も発症することもありますが、包茎の方に多い病気なので注意が必要です。