MENU

男性のカンジダを病院で検査

 

性器カンジダ症はカビである真菌に感染することによって発症する病気で、カンジダ症を引き起こすカビは私たち誰しもが、皮膚や口の中に持っている菌であるため普段は炎症を起こします。

 

性行為などによって感染することもありますが、それ以外でも発症することも多く男性の場合にはマスターベーションなどで包皮に傷が入ってそれが引き金となって発症することもあります。

 

男性が発症した場合の症状としては、多くは自覚症状が出すに自然治癒することもありますが、症状としては亀頭や包皮にかゆみや痛みを感じる、破壊発疹や小さな水ぶくれ、白っぽい垢が出るなどがあげられます。

 

個人差がありますが、排尿痛を感じたり尿道炎を起こしてしまう人もいます。

 

そのままにしていても自然に治ることが多いですが、再発が起こりやすかったり症状が強く出る場合もあるため皮膚科や泌尿器科、性病科などと言った病院で検査や治療を受けることをお勧めします。

 

病院での検査は男性の場合には亀頭冠状溝やその周辺からでている膿を綿棒のようなもので採取して、培養を行い診断します。

 

基本的な治療法としては軟膏の処方で、陰部を強く刺激しないように優しく洗浄した後に、軟膏を塗るようにすれば個人差はありますが1か月ほどで治ります。

 

また症状によっては内服薬を併用されることもあります。

 

 

カンジダといんきんの違い

 

カンジダといんきんも真菌というカビの一種が原因で発症する病気です。

 

カンジダの場合はカンジダ菌という細菌が原因で発症し、いんきんは白癬菌という細菌が原因で発症します。

 

両方とも健康な人の皮膚や膣に存在している常在菌ですが免疫力や体力が低下したり性行為をする事によって感染し発症する事があります。

 

カンジダ症の主な症状として男性は性器の先端、女性は性器から肛門にかけて強いかゆみがあらわれます。

 

女性の場合は痒みだけでなくヨーグルト状のおりものが大量にでるようになり悪化すると痛みや排尿障害があらわれます。

 

男性の場合はかゆみの他に性器が赤くなったり白い垢のようなカスが出るようになります。

 

いんきんは男女共に性器周辺に症状があらわれかゆみや湿疹がでます。かゆみがひどく患部を掻き毟ると患部に膿が出てきます。

 

この膿には大量の白癬菌が存在しているので患部に触れるだけで白癬菌に感染し、タオルや衣類に付着しても感染源になり得ます。

 

 

治療方法としてはカンジダ菌も白癬菌も真菌なので抗真菌剤が含まれた薬剤で治療を行います。

 

症状があらわれた場合、自然治癒する事はないため必ず専門の医療機関へ受診して正しい治療を行う事が必要となります。