MENU

亀頭包皮炎の原因菌!子どもは「細菌」・大人は「カンジダ」

 

亀頭包皮炎とは、様々な雑菌やカンジダ菌が亀頭や包皮に感染することにより起こる病気です。

 

男性器は外気に晒されているので細菌が繁殖しづらい環境にありますが、包皮を清潔に保つのが難しい包茎だと細菌が増殖してしまう事があります。

 

亀頭や包皮は性行為や洗浄、下着との擦れなどで目に見えない小さな傷ができ、そこに原因菌が根を張る事で菌が繁殖します。

 

亀頭包皮炎は子どもの場合、汚れた手で触れた事や包茎を原因とする事が多く、大人ではカビの一種であるカンジダ菌が主な原因となります。細菌性の治療には。

 

菌の増殖を抑える抗生物質の飲み薬や塗り薬を使用し、カンジダ性では抗真菌剤の塗り薬を使用します。また、両方の菌に感染している場合は、両方の治療薬を併用して経過を見ながら治療を行っていきます。

 

このような症状では菌の増殖を抑えるため患部を清潔にしておく必要がありますが、亀頭や包皮の皮膚は薄く刺激で傷つきやすいため、石けんやボディソープを使うと必要な脂分まで洗い流してしまい、皮膚が炎症を起こし細菌の繁殖を助けてしまう可能性があります。

 

患部を洗う時は優しくぬるま湯で洗い流す程度にして、できるだけ余計な刺激を与えない事が大切です。

 

 

亀頭包皮炎の予防


男性の陰茎は非常に繊細な構造であり、その機能性としても重要な役割を示します。

 

しかし繊細な組織のため、時に病気になってしまうという時も存在します。

 

その一つに亀頭包皮炎が挙げられます。これは男性の性器に何かの菌が付着してしまい、毛科的に亀頭・包皮に対して症状を示してしまうという疾患です。

 

その症状としては疼痛・炎症・かゆみ等他にも様々に示します。また男性器の特徴として亀頭の保護のために包皮で包まれています。

 

包まれた状態が長期間続くと衛生的な問題も生じてしまうケースも多くあります。

 

そのため一度菌が付着してしまうと陰部で菌が繁殖しやすく、結果的に症状を呈してしまうという経過をたどりやすいです。

 

そのことからも亀頭包皮炎の予防として男性器の衛生管理をしっかり行うことです。

 

具体的には定期的に包皮を剥がして亀頭を表出し、空気に触れさせて加湿状態を避けます。

 

次に入浴の時も亀頭を表出してしっかりと洗うことで予防に繋がります。

 

亀頭包皮炎は性交渉に伴い症状を示しやすく、その原因に性交渉相手から金をもらうケースが多いです。

 

そのため一番の予防としては相手の状態を確認し、感染のリスクを考慮したうえで性交渉に至るというのが最善と言えます。